20130820d

HMA-WP型木粉製造装置

20130821j.jpg

木材をパウダー化して高度利用

木材プラスチック複合材(WPC)原料からバイオマス発電・バイオメタノールの原料にまで利用。

フィーダーより供給された原料は高速回転するハンマーの打撃により繰返し粉砕され、所定の粒度になるとローターファンによりスクリーンを通過し木粉を効率よく生産します。

sei.jpg

<HMA-WP型木粉製造装置の特徴>

・高効率粉砕

高速回転するローターに取り付けられたナイフハンマー及び受刃付スクリーンにより効率的に粉砕され、ローターファンによりスクリーンを通過し木粉を製造します。

・PID制御による安定した運転

原料供給フィーダーを粉砕機の負荷により速度調整を行い、粉砕機を安定した連続運転を行います。

・風送による木粉の効率的排出

 

木粉を空気輸送する事で粉砕機スクリーンより効率よく粉砕品の排出が行えます。
風送によりコンパクトなLAYOUTが行えます。

line.jpg

20130821l.jpg

20130821k.jpg

20130821m.jpg

20130821n.jpg

line.jpg

 <HMA-WP型 仕様>

型式

HMA50WP

HMA75WP

HMA100WP

投入口寸法

350×480mm

350×680mm

350×962mm

ハンマー数

70

98

140

回転数

2400min-1

2400min-1

2400min-1

ハンマー回転径

φ720mm

φ720mm

φ720mm

動力

3045kw

4575kw

75110kw

 

 

 

 

 

 

 

 

 <参考粉砕データ>

粉砕機スクリーン網目

φ3mm

φ2mm

φ1.5mm

投入原料 水分

16.4%

16.4%

16.4%

粉砕品  水分

9.7%

9.7%

9.7%

粒度分布

0.5mm以下 25

0.5mm以上 75

0.5mm以下 53

0.5mm以上 47

0.5mm以下 55

0.5mm以上 45

粉砕能力

193kg/h

153kg/h

115kg/h

 

 

 

 

 

 

 

 

※上記データは下記の条件です。
  原料  =木質切削チップ □25mm×4mmt 杉 (平均値)
  粉砕機=HMA-50WP (37kw)
注)上記データは条件により異なりますので、実際には粉砕テストを実施し機種選定を行います。

 

Copyright (C) 2013 SANYO Engineering Co.,Ltd. Hiroshima Japan All Rights Reserved.